アンテストについて

個人成績表に平均点・偏差値などが明示され、大問ごとに正答率も出力されます。
お子様の得意・不得意を一目で把握できます。

  • ●しっかり復習することで力がつく!
  • ●弱点分野が分かる!
  • ●こんなに充実しているのに無料!!

小学校の成績がどれだけよくても、このラストで点が取れなければ中学校に入ってからおちこぼれる可能性があります。K文の算数教室で教室トップの進度で、小学校でも優秀児だと言われてうかれていた私でしたが、本当の実力を知らなかったがために中学校に入って真ん中以下までランキングを落としてしまいその後、そこからはい上がり名古屋大学に合格した私がいっていますので間違いありません。
小学生の頃は授業中に元気に手をあげる子が有利です。しかし中学校に入ったら、テストの点以外の加点はありません。
(もちろん提出物を出さない、先生に反抗する、あいさつができない等による減点はありますが、加点はありません。)

アンテストクラブの出題レベルは、中学校の定期テストレベルを想定しています。簡単にいいますと、小学校のテストよりはむずかしく、模擬テストよりは簡単というレベルです。より具体的に申し上げますと、小学校のテストは平均点で80点以上になる場合が多く、100点を取るお子様も少なくないというのが小学校のテストレベル。中学校の定期テストレベルというのは平均点が50点~70点になるような問題で100点を取るお子様がほとんどいないレベルです。
模擬テストというのは、計算や漢字の出題が5~6題程度で暗記事項の出題が少なく、かなり難易度の高い問題がある程度出題される事が多いものです。しかしアンテストクラブは、現在の実力を測ることを主目的としているのではなく、現在の実力を測りつつも、苦手問題を発見し、堅固な学力を身に付ける事を主目的にしているので、とにかく出題数を多くしています。例えば小学生のうちに見に付けておくべき最も大切な事の一つである、計算や漢字を毎回1問1~2点で30~50問も出題しています。このような模擬テストは他にないものと思います。絶対穴があってはいけない事ですから、本来しっかりテストすべき事柄なのです。
つまりアンテストクラブをしっかり毎回受けてくれさえすれば、「えっこんな事も出来なかったの~?これくらいは出来ると思っていたのに・・・。」という事はなくなります。
だからといって出題内容が基礎問題ばかりかと言えば、平均点が50~60点程度を目標に作問しているテストですから、そんな事はありません。
出題内容としては、算数は、計算・文章題は毎回、図形問題・グラフ等は適時。国語は、漢字の読み書きを毎回各15~20問を配点1点で出題しています。その後に、説明文・小説文を各1題出題します。

目標
学校で習ったところがしっかりマスターできているかどうか、中学校入学後も大切になる単元・事柄を忘れてしまっていないかどうかをしっかりチェックすること。
対象
名大SKYグループに通塾する全ての小学1年生~6年生
科目
算数・国語(第1回の小学1年生は算数のみ)
実施回数
年3回

学校のテストでは子どもの実力が把握できないので、アンテストは実力がわかりやすい。わかっていないところや子どもの弱点をつかみやすくなります。

色々なタイプの問題が出るので、「今度はこれくらい取ろう」と目標を立ててやっている。今後、テスト範囲の学習法が身につけられるといいと思います。

何がわからないかがテスト結果でわかりやすいです。また、テストがあると、家でも学習するようになりました。

テストは見直しが大切です。見直しするだけでも学力は身につきます。
テストには2種類あるのをご存知でしょうか?一つは難問から簡単な問題までを満遍なく図る受験型のテスト。もう一つは、アンテストのような標準的な問題で自分の弱点を見つける弱点発見型のテストです。
弱点発見型のテストは、自分の苦手な問題を発見できるだけではなく、間違えた問題をしっかりやり直すことで、弱点を克服し力をつけることができます。アンテストクラブでは、テストを実施するだけではなく、やり直しまで行うことで勉強のやり方まで指導をさせて頂きます。

【算数】
中学生になって、定期テストで点数が取れる人と取れない人の差は、同じ問題を何度もやり直して学習内容を定着できるかできないかで分かれるといっても良いでしょう。算数の指導はテストと同じ問題をもう一度自分の力で解くことができることから始まります。どうしても自分の力で解ことができなければ、ワンポイントアドバイスを行います。

【国語】
「国語の答えは本文の中から見つける。」これが、国語の学習のスタートラインです。国語が苦手なお子様の多くは、設問を問題文から抜き出す方法がわからないケースが非常に多いです。基礎定着園集会では、模範解答を元に文章中のどの部分から答えを導けばよいかを見つける練習を行います。これを繰り返すことで、国語の勉強のやり方を身につけていただけます。

このページの先頭へ