幼児

アンイングリシュクラブ

私たちアンイングリッシュクラブの教室で用いられている教授法は、
10年以上に渡り実際の教育現場での生徒指導を通じ発展してきたものです。

詳細はこちら

アンそろばんクラブ

「クラスで一番計算を速く出来る子になりませんか?」をスローガンに、新しいそろばん教育をご提案。基礎学力の危機が叫ばれる中、計算力に自信がある事はとても大きな財産。そろばん教育は右脳開発の観点からもとても有効です。週1回からでも十分能力UPする仕組みなので、「アンそろばんクラブ」なら、今時の忙しいお子様の時間を無駄にしません。

詳細はこちら

アン筆っこクラブ

「習字の筆っこ」は、美しい字を書くことのできる、プロの先生方の「字の書き方・リズム感」を科学的視点から分析し、その所作やリズム感を身に付けさえすれば、だれでも上手に字を書くことが出来るようになる仕組みを作り上げました。

詳細はこちら

リトルゲイツ

「リトルゲイツ」は絵と言葉そして、文字・数・形・量などを仲立ちにして、 知能を高めるためのカリキュラムを組んでいます。 教材・教具もそれに沿って用意しています。いろいろな教具の中には、 知力向上につながる教具もあれば限りなく娯楽に近いといいますか、 娯楽にすぎない教具もあります。 「リトルゲイツ」では、それらを科学的根拠に基づき、分類・分析・研究を行ております。

詳細はこちら

アンインターナショナルスクール

★なぜ!?この時期なのか。語学を学ぶには 「必要性 Necessity」「機会Opportunity」が必要です。そして「学ぶ」事の最大の敵である「羞恥心 Shame」が無いこの時期こそが「本当に重要な時期」なのです。「三つ子の魂100まで」の時期に「英語」に触れる事により「脳」が「英語も母語」として認識します。

詳細はこちら

このページの先頭へ