入試制度 愛知県私立高校 一般入試

 公立高校 一般入試 私立高校 一般入試
  推薦入試   推薦入試

【私立高校一般入試】

 一般入試は、推薦入試の合格決定後、全募集人数から推薦合格者を引いた数の定員枠をめぐって争われ、合否の判定はどの学校も原則的には当日の得点を重視しますので、高い内申点をもっていても不合格となるケースは多々見られます。ただし、学校によって内申点を重視するところもあるため受験校決定の際には注意が必要となります。内申点や面接の内容が合否の決定要素になるところもあります。推薦入試で募集人員の80%も入学者を確保する学校など、一般入試の合格者の枠が、20%になるため、狭き門となりますが、実際は割増合格者を出す学校がほとんどですので実質倍率は必ずしも高くはありません。(実質倍率は2倍以下となる学校が大部分です。)
 

   H17年度入試で見かけの倍率が高倍率だった私立高校は以下の通りでした。
   
   滝 (普通) 12.4倍   中京大中京 (普通) 10.0倍 
               
   愛工大名電 (普通) 12.0倍   名経大高蔵 (文理) 9.7倍 
               
   名城大附 (特進) 11.9倍   愛知啓成 (サミッティア) 8.6倍 
               
   大成 (ラトナディア) 10.5倍        

【私立高校の一般入試における内申点の比重例】

  名古屋高校   当日点を重視するため、内申点は参考程度
       
  名経大市邨   内申点を得点化し当日分と合算して、合否を決定
       
  愛工大名電高校   合否ライン前後の部分では重視
       
  滝高校   当日点を重視するため、内申点は参考程度
       
  東海高校   内申点は特に問わないが、生活習慣については重視
       
  名城大附属高校   極端に評定が悪いと合格可能性がない
       
  淑徳高校   当日点を重視するため、内申点は参考程度
       
  椙山高校   当日点を重視するため、内申点は参考程度
       
  聖霊高校   極端に悪い場合のみ考慮
       
  内申点を重視する傾向が見られる学校は以下の通りです。
   
  桜花学園高校   29以上であれば合格の可能性が高い
       
  東邦高校   合否ライン前後では相当重視
       
  中京大中京高校   合否ライン前後では相当重視

   

【高校からの募集をしていない私立高校】
  南山女子部   南山男子部   南山国際   金城学院


 

上へ

このページの先頭へ