ニュース&コラム

にっちび家庭知育あそび教室

2016年 9月 20日

毎日の遊びを通して子ども達は様々なことを経験し、学び考える力を伸ばしていきます。特に3歳までは、脳の発達と人格形成において大切な時期です。やり直しが利かないこの大切な時期に出会う「考えることが得意になる」ための上質な知育あそびが、お子様の中に主体的に考える力、より良く生きるための知恵を育みやがて広く深い知識を積み上げていくための礎を作ります。

できる、できないに捉われることはありません。まずはお子様に知育の環境を作ってあげましょう。脳の発達に合わせ五感を通した遊びをたくさん経験し、「よく聞く」「よく観る」「よく考える」の習慣と「できた!」の達成感、自尊心を育てます。お子様の成長が子育てを120%楽しくします。

「楽しくなければ知育あそびじゃない」が合言葉。なぜなら、楽しいと感じる時、夢中になって遊んでいる時、脳はより活性化し働くことが分かっているからです。集中力、思考力の基本、手の器用さを遊びながら体得していきます。お友だちとの関わりも大切な学びです。

  • ・数・形・色・ことば等を使う知育あそび
  • ・巧緻性(手の器用さ)を育む知育あそび
  • ・動きのある知育あそび

※コース対象年齢は目安の年齢です。お子様が一番楽しめるクラスをお薦めしています。
※2クラスともに定員親子8名です。

この11月より名大SKY尾張旭本部校内に「にっちび知育あそび教室」がオ-プンします。脳が日々大きく成長していく幼児期は脳の黄金期ともいわれています。毎日のお子様と、何気なく過ごしている時間は「実はお子様の人生左右しかねない」かけがえのない時間です。 お子様を大きく伸ばすも伸ばさないもお母さん次第の年頃である、生後10か月~3歳までのお子様を対象にお子様とお母さまが、どのような遊びを楽しみながら行えば良いのかということをお子様と共に学んでいただく教室が「にっちび知育あそび教室」です。

【スキャモンの発達曲線】
脳の発達<ブルーの曲線部>は生まれてから直ぐに爆発的に進みます。まさに待ったなし!3歳までの関わりで考える力(頭の使い方)の基礎は大きく変わってきます。だから遊びは中身が肝心なんですね。

◆体験授業&説明会のご案内     お気軽にご参加下さい。
10/5(水) 10/12(水)
さくらコース
10ヶ月頃~1歳5ヶ月頃
(お座りの頃から入室のご相談受けます)
10:10~11:00 10:10~11:00
すみれコース
1歳6ヶ月頃~3歳まで
11:30~12:20 11:30~12:20

これ。おもしろいかも?」って思われたお母様は、ぜひとも体験授業にご参加ください。入会の如何は後日お考えいただければ大丈夫です。まずはたくさんのお母様に「にっちび」を知っていただきたいと私共は考えています。

にっちびの協会オリジナル手作りおもちゃは生活の中の身近なものや素材を多く使用しているので子どもたちの知的好奇心を刺激するものがいっぱいです。「こんなものでも知育になるんだぁ~」とママもびっくり!教室でのお子様の遊ぶ姿を捉えながら一人ひとりに合った家庭での遊び方を先生がアドバイス。ママも家庭知育を学ぶことができます。「一緒に遊んでいるだけなのに・・・」。遊びの中身が変わればお家も知育教室に変身してしまいますね。

« 

□ にっちび家庭知育あそび教室

» 

このページの先頭へ