ニュース&コラム

アン進学ジム(中学部)夏期講習会

2017年 6月 23日

  • 問題を解きっ放しにして○付けをしない。
  • わからない問題を質問せずにそのままにしている。
  • 問題を1度解いただけで理解したつもりになっている。
  • テスト直前にノートまとめをして勉強した気になっている。
  • 1学期の定期テストの点数が学年末テストよりも悪い。

1つでもあてはまれば、あなたの学習法に問題がある可能性があります。

は演習指導付き個別指導なので
問題の解き方や考え方も指導します。

2学期は「一次方程式」「三単現のS」など学習内容が本格化!
復習と予習をバランスよく学習します。
1学期は、比較的ゆっくりとしたテンポで学習が進められてきたので、比較的定期テストの平均点が高くなっていましたが、2学期から一気にスピードも難易度もアップします。夏期講習では、前半は1学期の学習内容を復習し、後半では2学期の予習を行います。特に多くの生徒たちがつまづきやすい「一次方程式」や「三単現のS」「疑問詞」などの単元は映像講義⇒オリジナル演習プリント⇒確認テストと3段階の反復訓練をしながら学習内容の定着を図ります。
2学期は「一次関数」「不定詞」など
高校入試に出題されやすい重要単元が登場!
中2の2学期からは高校入試にも出題されやすい単元の学習がスタートします。特に、数学の一次関数は1学期に学習した連立方程式が理解できないと、学習理解を深めることができない単元だけに、十分な反復演習が重要となります。関数は中学・高校の数学で大切な単元となるだけに、おろそかにはできません。また、英語では不定詞が登場し、今まで学習してきたような単純な文章の構造ではなく複雑になるため、夏休みのうちに基礎を定着させておく必要があります。
夏は入試の天王山!
夏のがんばりが入試直前の結果に
大きく影響を与えること間違いなし!
夏休みは天王山です。多くの受験生は部活動を引退し、いよいよ勉強に集中できる環境になりはじめます。夏休みの過ごし方次第で、大きな差が生じるだけに、夏のうちに1、2年生の時に苦手だったポイントをもう一度洗いなおして、強化しましょう。名大SKYの夏期講習は最大160時間もの学習時間を確保できるので、ライバルと差をつけるビッグチャンスでもあります。

家庭学習もお任せ下さい!!
名大SKY講師陣が作成する授業が自宅でも受講できます。

教科書準拠の問題集を解説した映像教材「eduplus+」を使って、家庭学習がより充実します。教室で使用できるのはもちろん、ご自宅のWi-Fiに接続するだけで、手軽にご利用いただけます。

eduplus+とは、

名大SKYの講師が作成した映像教材で、全国の学習塾に通う3000名の生徒が利用している映像教材です。北は北海道、南は沖縄までたくさんの小・中学生にご利用いただいております。

« 

□ アン進学ジム(中学部)夏期講習会

» 

このページの先頭へ